「毛穴に効く」とは

September 1, 2019

毛穴に悩み始めてクレンジングから始まった試行錯誤の日々です。

 

色々と調べてきた中で、大切なことは、

 

・刺激を与えない

・炎症を起こさない(紫外線と、刺激から守る)

・肌をたるませない

 

と言う3つ。

 

成分で言うと、

「ビタミンC誘導体」

「抗炎症作用のある成分」

 

トラネキサム酸やプラセンタエキス、ナイアシンアミド、リン酸L-アスコルビルNa…

などです。

 

今回は手始めに、毛穴ケアを大々的に打ち出している、ロート製薬から出ているオバジシリーズの妹的?(勝手に名付けた)存在として、メラノ CCシリーズの美容液を使ってみました。

 

成分表を見ると、ビタミンC誘導体として、アスコルビン酸 、抗炎症成分として、トコフェロール酢酸エステルなどが入っているのですが、これがオバジシリーズと同じなのです。公式サイトによると、メラノCCシリーズのビタミンC配合濃度は5%なんだそう。

 

 

 

使った感触はやはり、オバジCのビタミンC美容液に非常に似ています。

 

「ビタミンC(L-アスコルビン酸)」そのものは強力な抗酸化効果を持つ反面皮膚刺激が強いため、化粧水、乳液の上に重ねて、夜寝る前のみにつけています。翌朝は、洗顔もしていますよ。


個人的にはまだPOLAを使った時ほどの劇的な効果はあまり感じません。(オバジシリーズもそうだった…)

 

次はアスタキサンチン系の製品で、探してみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

December 31, 2019

October 22, 2019

Please reload

アーカイブ