パーマ剤のお話

July 30, 2019

営業後に新たなケア剤を試しました。

 

パーマの仕組みはざっくり言うと、

・キューティクルを開く

・髪の形を作っている結合を解除する

・望む形を作る

・その形を保つように結合させる

・キューティクルを閉じる

 

と言う工程なのですが、

それぞれの工程で髪の内部は大忙しなので、それぞれの場面に合ったトリートメントを使って、時間をかけてやったり、間にクッション剤を挟んであげたり、次の工程に移る前に、その都度薬剤が残っていないようにしっかり落としてあげたり、してあげるのです。

 

ストレートがかかりすぎて髪が根元からペタンコになりすぎないように、とか、いつまでも手触りがサラサラであるとか、根元はふんわり、毛先はみずみずしく、とか、パーマで毛先がチリつかないようにするとか、理想に近づくために、施術の間のケアは絶対に外せません。

 

 

今回は何度もブリーチをしているオーナーの八須氏の髪にまさかのデジタルパーマと言う、私的には怖すぎる条件で試しました。

 

 

仕上がりは…

 

 

 

 

根元はふんわり、大きなカールでリッジはしっかり!

 

 

完璧でございます。

 

 

こちらの新しいケア剤も導入決定となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

December 31, 2019

October 22, 2019