パープルとバイオレットの違い

ヘアカラーで「紫」と言われたら、お客様と美容師側の色のイメージを一緒にするために実際の毛束か写真などの見本などあったほうが良いかもしれません。

それにプラスして、お客様の髪の履歴が土台になってくるので、美容師としてそこはしっかりと見極めたいところです。

ちなみに・・・パープルは赤系の紫、バイオレットは青系の紫、のことを言います。

今回はこちらのバイオレット。

「青っぽい濃いめの暗い紫」

今まで何回かカラーしたことある髪だと、元々持っているメラニン色素が抜けているので、暗い紫も綺麗に透け感を感じつつ紫みがわかりやすいかと思います。

ヘアカラーは髪の見極めとカラー剤の知識、両輪で成り立つ技術です。

なるべく自分のしたカラーを記録してお客様にわかりやすい形にしていこうと思っています。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事