絶壁のお悩みも解消ボブの秘密。

手入れのしやすい、乾かしただけで内巻きにまとまるボブスタイルは、

オーダーも多い定番です。

普通に同じ長さで切っただけだと、実は絶壁さんにとってはハネやすいスタイルなのですが、

カットの工夫をその都度しています。

・まずは、ハチ下までは、表面の髪が気持ち被るくらいに、指の角度で調整する。

・トップの表面だけに少しレイヤーを入れる。

・耳後ろ、襟足のところの毛量を、丁寧にすいていく。

何気なく適当に感性で切っていると思われがちですが、お客様の頭や肩のラインと、

美容師の腕や指の角度をキチンと合わせて、展開図をなぞるように切っているんですよ。

逆に感性で切っていくスタイルもありますし、そういう仕事が得意な美容師さんにもすごく憧れます。こればっかりは正解がないので、説明のしようがありません。

みんなそれぞれ考え方があって、いろんな工夫をしているんですよ。

目仲的には、カットはベーシックでお手入れしやすいようにバチっと決めて切って、

感性はブローとか、アレンジとかのスタイリングで表現する方が今は好みです。

色んなお客様がいらっしゃいますので、それぞれにどんなことを考えながら切っているか、たまにこうやって記事にしてみようかなと思います。

明日は金曜日、目仲は10時から15時までの出勤となります。

金曜日の午前中も予約が取れるようになりましたので、ぜひご利用ください。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事